9/4(火)、SWAT隊員“レイドマン”が渋谷肉横丁を急襲!!
日本各所の安全を守るために、先日から活動を開始したSWAT隊員“レイドマン”が9/4(火)、ついにシャバに進出します!

レイドマンのターゲットは、
様々な肉に関する17店舗が集まる日本最大級の肉のテーマパーク“渋谷肉横丁”

強制捜査が行われることになった9/4(火)、渋谷肉横丁では開業2周年祭が開催中。
多くの利用者で賑わうことが予想される中、レイドマンが、楽しい焼肉タイムの敵“肉奉行”や、野菜やサラダばかりを食べる“ヘルシー気取り”などを次々に急襲(レイド)していくという。

レイドマンとの腕相撲対決に勝てばマスコミ用プレスがプレゼントされるなど、当日ならではのお楽しみもご用意しています!

●渋谷肉横丁
東京都渋谷区宇田川町13-8 ちとせ会館2F TEL:03-6416-9929(事務局)

http://www.shibuyayokocho.com/index.php





激評!松居大悟さん
最強コメント炸裂!!!

<松居大悟/映画監督『アフロ田中』>

アクションって度を越すと、笑ってしまうものなんですね。
体育会系じゃない僕でもひたすら楽しかったです。
あのビルには絶対行きたくないけど!!





激評!破壊屋さん
最強コメント頂きました!!


<破壊屋/映画サイトhakaiya.com管理人>
格闘漫画の『範馬刃牙』も『TOUGH』も連載が終わってしまったが問題 無し。日本に『ザ・レイド』がやってくる!
『ザ・レイド』でさく裂する高速で過激 な格闘戦の数々は、まさに格闘漫画の実写化!
漫画みたいなバトルが生身の実写で拝めるぜ!





激評!屑山屑男さん、赤ペン瀧川先生
最強コメント頂きました!!

<屑山屑男さん/TRASH-UP!!編集長>
これが新しいアクション映画のニュースタンダード!
『ザ・ レイド』を見逃したら、一生後悔するぞ!!!

<赤ペン瀧川先生/映画天国「映画の穴」ナビゲーター>
この映画の全ての拳と汗に拍手!
アクション映画のバイブル完成!超やべぇ!!





激評!伊東美和さん、早田恭子さん
最強コメント頂きました!!

<伊東美和さん/ゾンビ映画ウォッチャー>

シンプルなドラマから溢れんばかりのハード・アクション!
手に汗、身体に力入りっぱなしの102分!
インドネシア映画と聞いて、半笑いで『夜霧のジョギジョギモンスター』を思い出したのは過去のこと。
『ザ・レイド』は痺れるくらいに本気だ。


<早田恭子さん/日本プンチャック・シラット協会会長>

イコの演武に見惚れてから約10年。少年は立派なアクション俳優となり、インドネシアの伝統武術をユニバーサルな格闘術へと見事に磨き上げた。
最強でありながら優雅さを失わない、新たな“シラット”がここにある。





『ザ・レイド』SWAT隊員“レイドマン” WEB編集部を強制捜査
『ザ・レイド』SWAT隊員“レイドマン” WEB編集部を強制捜査


本日、SWAT隊員“レイドマン”が映画.comを強制捜査。
裏切り者編集員を捕獲、編集部に再び平和を取り戻しました!

“レイドマン”の活躍がWEBニュースにアップされています
●映画コム http://eiga.com/news/20120824/13/
●Yahoo映画 http://movies.yahoo.co.jp/m2?ty=nd&id=20120824-00000013-eiga








激評!谷垣健治さん、石坂健治さん
最強コメント頂きました!!

<谷垣健治さん/『るろうに剣心』アクション監督>
『ザ・レイド』は、久々に「ちきしょう!やられたな~!」と刺激される映画でした。
香港アクションの影響を強く受けながらも、シラットという格闘技のテイストを全面に押し出して、独自のアクションを表現することに成功しています。
インドネシアの「アクションバカ」たちが思いついたことを全部やる、そのやり過ぎ感に「日本のアクションバカ」としては好感と共感と嫉妬を覚えますね!



<石坂健治さん/東京国際映画祭「アジアの風」ディレクター、日本映画大学教授>
神も仏もいない迷宮のなかで、敵味方入り乱れて血まみれの群舞が果てしなく続く。『十三人の刺客』を超えるウルトラ集団活劇の誕生だ。ゼロ年代は東南アジア映画の風が吹いた。タイ・ルネッサンス、マレーシア新潮、フィリピン・インディーズ。
そしていま、インドネシアのシラット武侠派が名乗りを上げる!





激評!小林真理さん、ジャンクハンター吉田さん
最強コメント頂きました!!

<小林真里さん/映画批評家・翻訳家>

空前絶後のエクストリーム・アクション連打に悶絶&大興奮!
このアクション映画の新たな金字塔は、『アベンジャーズ』や『ダークナイト ライジング』以上の傑作だ!

<ジャンクハンター吉田さん/フリーライター>
絶望の淵でもあきらめない男には、限界を超越するパワーが宿る!
熱き血潮が燃えたぎる最高のアクションを魅せてくれた、本年度ベストワン・ムービー!





レイドマン 映画.com編集部を強制捜査!
レイドマンとは・・・10/​27(土)公開映画『ザ・レイド』。
謎のSWAT隊員“レ​イドマン”が都内、日本各所をとにかく強制捜査。
日本の​安全を守るためいざ出動!

今日の強制捜査先は映画.comの編集部だ。
どうやらスタッフの中に、マッドドッグと内通している裏切り者がいるらしい。
オフィス内には罪のない人々がたくさんいる。
注意深く裏切り者を探すことが、今回の最大のポイントだ。
0824_001.jpg

無駄な戦いは避けねばならない。
目立たないように行動する、これは捜査の基本だな。
0824_002.jpg

誰にも気づかれず、オフィスへの侵入が成功した!
0824_003.jpg

捜査はここからが本番。
裏切り者はどこだ…!?
0824_004.jpg

お前かッ!!??
0824_005.jpg

それともこのYAKUZA達…!?
0824_006.jpg

ツイッターで情報を集めてみよう。
PCを拝借。
0824_007.jpg

やべ、電話かかってきちゃった。
「あいにく、担当の者が外出しておりまして…」
0824_008.jpg

このPCユーザーは問題なしだな。
裏切り者はいったいどこに…?
0824_009.jpg

あれ!?貴様、それはマッド・ドッグのページだな!
いったい何をしている!?
0824_010.jpg

「答えろ!お前が裏切り者の内通者だな!」
「…く…、ばれたか…!!」
0824_011.jpg

追い詰められた敵が、必死で抵抗してきた!
0824_012.jpg

どりゃぁぁーーーー!!!
0824_013.jpg

近くにいた女性が戦闘に巻き込まれた!
早く逃げるんだ!!
0824_014.jpg

編集部内の裏切り者は全て捕獲した。
かなり危険な任務だったが、レイドマンとしての使命を果たせて満足している。
0824_015.jpg

ギャングどもを一掃すべく、レイドマンは日々戦い続けるぜ!

明日はあなたの街を強制捜査!
お疲レイド!!
0824_016.jpg








激評!海外からも絶賛の声!~Part3~
最強コメント頂きました!!


★USAトゥデイ紙/スコット・ボウルズ
悪びれることなく残忍で、プロットの妨げになるものがない。「ザ・レイド」は今年一番のパワー全開映画であり、現代の世界観と兵器をキャラクターたちに映し出しバイオレンスを高めるインドネシア・マーシャル・アーツ映画だ。

★シカゴ・トリビューン紙/マイケル・フィリップス
この血みどろ映画が「英国王のスピーチ」と同じアメリカ映画協会の映倫レイティングをとったことが気に入った。

★エンターテイメント・ウィークリー誌/オーウェン・グレイバーマン
「ザ・レイド」は、「エクスペンダブルズ」を「十二人の怒れる男」にしたみたいに見えた。(アクション映画を密室劇で撮っていることから)

★バラエティ誌/ロバート・コーラー
(アクションシーンンが見事なので)ビルの最上階めがけたラマの猛攻にストーリーを忘れそうになるが、今終わったばかりの素晴らしいバトルが最後と思いきや、これがまた何度となく続くのである。

★オブザーバー紙/フィリップ・フレンチ
ウォルター・ヒル、ジョン・ウー、ジョン・カーペンター、ジョン・マクティアナンらを崇拝するエヴァンスは、けしてとまることのない激しいテンポを保っている。





『ザ・レイド』最強バトルウェポン解説
本作で登場する最強銃器の数々、ハイパー道楽にてご紹介頂きました!!!
http://www.hyperdouraku.com/movie/theraid/index.html
<ハイパー道楽:http://www.hyperdouraku.com>/





激評!海外からも絶賛の声!~Part2~
最強コメント頂きました!!


★ガーディアン紙/ピーター・ブラッドショー
「ザ・レイド」は狂乱で、申し分がないほど最高だ。

★タイムアウト誌/トム・ハドルストン
さしあたり、「ザ・レイド」は、「バッド・テイスト」のピーター・ジャクソンや「ミミック」のギジェルモ・デル・トーロといった人物と並び、才能ある若手フィルムメーカーが力をみせつけ、意志をはっきりと表現し、将来良いモノを作ることを期待させる。

★CNNラジオ/ポール・チェンバース
アクションは新鮮で興味津々だ。実際、今後のマーシャル・アーツ映画は、「ザ・レイド」のスタイルや質と比較されることになるだろう。(比較基準となるぐらい)それぐらい素晴らしい作品だ。





激評!海外からも絶賛の声!~Part1~
★ニューヨーカー誌/ブルース・ディオンス
この映画は、流血乱闘そのもの!!!
ホラー映画がアクション映画を身にまとっていて、タランティーノファンが望むようなアドレナリンショットぐらいピュアである。

★ニューヨークポスト紙/ルォ・ルメニック
アクションは残忍で、血だらけ、ノンストップと言っても過言ではない。
「アサルト13 要塞警察」をアドレナリン満タンにしたような作品だ!!!!!

★ロサンゼルス・タイムズ紙/ゲイリー・ゴールドステイン
たぐいまれなショットやアクション振り付けのシークエンス、激しい攻撃シーンにしびれる大当たりのアクションだ!






激評!インドネシア大使館お墨付き!
最強コメント頂きました!!

★ジェーン・ルンカットさん / インドネシア大使館三等書記官
ノンストップ・スリル満点のファイティングシーン。おなかに力を入れてしっかりみてください。息をするのをお忘れなく!

★ジョニー・シナガさん / インドネシア大使館 公使
「ザ・レイド」は最初から最後までスリル満点!

★ノルマン・エフェンディさん / インドネシア大使館一等書記官
ビッグスクリーンで今までにみたマーシャルアーツ映画の中でベストで最高のコリオグラフィー!ガツンと迫力満点!!





SWAT隊員“レイドマン”が強制捜査開始!!!
謎のSWAT隊員“レイドマン”が日本の安全を守るため、強制捜査開始!!
第一指令は格闘道場。
強制捜査記事は公式facebookを見てくれ!





レイドマン 最強格闘術”シラット”道場を強制捜査!
レイドマンとは・・・10/​27(土)公開映画『ザ・レイド』。
謎のSWAT隊員“レ​イドマン”が都内、日本各所をとにかく強制捜査。
日本の​安全を守るためいざ出動!

今日は東京目黒にある、最強格闘術 シラット道場を強制捜査した!

怪しげな影が…
0816_1.jpg

レイドマン!?
0816_2.jpg

警戒中…
0816_3.jpg

潜入開始!
0816_4.jpg

シアrット門下生との闘い
0816_5.jpg

シラット師範との闘い
0816_6.jpg

制圧成功!
0816_7.jpg

そしてレイドマン、帰路へ…
0816_8.jpg






Rotten Tomatoes 高評価!!!
アメリカ最大手批評サイト「Rotten Tomatoes」批評家84% 観客90% 超高満足度!!!





主演イコ・ウワイス、 キアヌ初監督作に大抜擢の出演決定 !!
本作主演イコ・ウワイスが、なんと!!キアヌ・リーヴス初監督作『Man of Tai Chi』に大抜擢の出演が決定!

北京を舞台に、若きマーシャル・アーツの達人の活躍や苦悩を描く作品で、本作同様、イコは主人公と熱い闘いを繰り広げるという重要な役どころ。

世界的に注目をあつめるキャスト・監督による『ザ・レイド』、ご期待ください!!!

記事は以下より~
ムービーウォーカー
Yahoo!





公開日決定!
10/27(土)
シネマライズ、角川シネマ有楽町他 全国炸裂ロードショー!!