監督・キャスト来日記念!イベントレポート!!
9月26日(水)午後、新宿で熱狂バトルが勃発!!

本作『ザ・レイド』イベントのスペシャルゲストとして登壇し、和やかに映画の感想を語っていたBerryz工房 嗣永桃子さん。
「アクション映画を観るのは初めてでしたが、すごく本格的で男同士の戦い!!! 血とか出てきてすごく怖いんですけど、食い入るように観てしまいました。男性の方は絶対ハマると思いますよ!」と、夢中でトークを繰り広げていたところ…、なんと本作に登場する最凶キャラ、マッド・ドッグが突如乱入!


手にはロープを手にしている。「カワイすぎるから!?」などと言いながらさらわれようとしている“ももち”が悲鳴をあげて助けを呼ぶとと、本作の主人公であるSWAT隊員・ラマが登場。
ももちの命と新宿を救うため、ふたりのガチバトルが勃発しました!

0926_1.jpg


ラマを演じるイコはプロのシラット選手、マッド・ドッグを演じるヤヤンはマーシャルアーツのインストラクターという驚異の身体能力を誇るふたりの本気のパフォーマンスに、嗣永さん目当てで駆け付けた多くの男性ファンたちも思わず大興奮!観客スペースに収まりきらず、ステージの回りを覆い尽くしていたギャラリーたちはその行方を固唾をのんで見守り、ラマがマッド・ドッグを倒したところで大きな歓声と拍手が湧き起こりました。

男性の観客たちの心をガッチリ掴んだところで、ギャレス・エヴァンス監督も登場し、トークがスタート。

0926_2.jpg


イコは「映画のアクションシーンは本当にハードでしたが、運よく大きなケガもなく撮影を終えることができました。この映画が日本の人達に広く広く受け入れられることを祈っています。」と挨拶。
ヤヤンは「初めて日本に来ましたが、たくさんの人達に見てもらえて、日本の素敵なアーティストにも会うことができました」と、ももちさんのことがすっかりお気に入りの様子で、映画からは想像もつかないニコニコした表情でした。

日本映画好きで、特に三池崇史や北野武のファンという監督は「みなさん、今日は来てくれてありがとうございました!」としっかり日本語で挨拶をし、「以前から日本映画が大好きで、これまでは自分で観たり日本に来る度にDVDを沢山買ったりしてきましたが、今回は、日本に自分の映画をひっさげて来ることができて光栄です。インドネシアの伝統武術であるシラットの要素が、日本の素晴らしい文化とあいまって、この映画が日本で大きなムーブメントになってくれれば」と今の心境を語りました。

嗣永さんは「ももちを巡ってふたりが戦ってくれるなんて、最高のシチュエーション。お姫様気分!ふたりのアクションは手や足が見えない位のすごいスピードでカッコよかった!!!映画のアクションは鳥肌が立つような感じだったけど、今実際に会ったらふたりとも優しくて。」と、映画だけでなく、間近で見たアクションにも大興奮でした。

共演してみたい日本人のアクション俳優は?という質問には、イコは倉田保昭、ヤヤンは千葉真一とそれぞれ日本を代表するアクションスターを挙げ、ヤヤンは「彼のアクションは本当に勉強になります」と日本が誇る世界のアクションスターに敬意を表しました。

日本人キャストの起用も噂されている本作の続編製作について話が及ぶと、嗣永さんはすかさず、「日本で一番人気のある、ナンバーワンなアイドルなんですよ!」と監督に猛アピールを開始。彼女の必殺技である“こゆビーム”を披露すると、なんとマッド・ドッグが一発で撃沈!!監督は「Perfect!」と大喜びでした。

最後に監督が「インドネシアの伝統武道であるシラットの要素が、日本の素晴らしい文化とあいまって、この映画が大きなムーブメントになってくれれば」と締めくくり、ハイテンションの屋外イベントは大盛況のうちに幕を閉じました。






マイク・シノダ/リンキン・パーク インタビュー
マイク・シノダ/リンキン・パーク インタビュー

本作『ザ・レイド』に参加することになった経緯から音楽制作についてたっぷりコメントをGET!

これまでにもリンキン・パークの楽曲は多くの映画でフィーチャーされ、映画音楽のオファーを受けたことが多々あります。多くが「私たちはリンキン・パークが大好きです。今手がけている作品の音楽は他の作曲家にお願いしていますが、ポスターにあなたのお名前をお借りしたい。ヘビーなロック・ギターを足して頂けませんか…」の様なものばかり。これにはインスパイアーされませんでした。自分のキャリアにつながるように思えなかった。しかし、今回は「あなたのフォート・マイナー・プロジェクトやリミックスの大ファンなんです。映画の音楽を担当してみませんか。」というアプローチだったんです。「フォート・マイナー」のアルバムやリミックスとは、午後を過ごすスタジオで楽器を何となく弾いて生まれた音を継ぎ合わせて作った作品です。このやり方ならやってみたいと思ったし、映画音楽の経験になる絶好の機会になるだろうと思いました。それと何より、彼らが基本的に私のことを全面的に信頼していてくれていたんです。そして本作への参加に至りました。
まずは、劇中で起こっていることに一環する何かを探さなくてはなりませんでした。そのうちのひとつが、音楽としてのパーソナリティーになるトーンを設定するため、サウンドパレットを作ることでした。つまり、ペインティングに例えるならば、ある色を使うことにして、省く色も出てくる。そこで直ぐに出てきたのが、ギターは使わないということ。弦楽器やピアノなどのオーガニック楽器を使うとしたら、兄弟関係などファミリーに関わる部分ではこれらの楽器しか使わないことにする。この手法は他では見れませんよね。進めていくに連れて、我々は、それぞれのキャラクターごとに音楽テーマをつくっているだけでなく、背景音楽とサウンドデザインの中間にあるものをつくっているのだということに気が付き始めました。キャラクターを反映する音というのが確かにあって、それを的確な場所で使いました。

Mandatory credit: @Peter Gonzaga/Pacific Rim Photo Press/FRFW.





本作『ザ・レイド』監督ギャレス・エヴァンス、北村一輝主演映画『KILLERS』をプロデュース!!
本作『ザ・レイド』監督ギャレス・エヴァンスが、北村一輝主演の日尼合作映画『KILLERS』をプロデュース!!

本日、スポーツ報知・映画.comにて情報解禁となった北村一輝主演、日本・インドネシア合作映画『KILLERS』。
製作総指揮ギャレス・エヴァンス監督最新作『ザ・レイド』(10/27日本全国公開)を高く評価した『冷たい熱帯魚』製作者との奇跡のコラボレーションとなる。
ギャレス監督の本作『ザ・レイド』は世界各国の映画祭で評価され、全米公開~続編製作とハリウッド・リメイクが決定!
またキャスト:イコ・ウワイスはキアヌ・リーブス初監督作品への出演、ジョー・タスリムは『ワイルド・スピード6』の出演が決定するなど、『ザ・レイド』から続々世界進出が決定しいるぞ!!!

http://www.color-g.jp/news/2012/09/news-top/news/the-raid/





激評!神本忠弘さん

あの木曜洋画劇場アクション映画予告ディレクターから
最強コメント頂きました!!

<神本忠弘/ハーフ エイチ・ピースタジオ>
全編を通して漂う重苦しい空気を打ち破り突如訪れる死闘の嵐。
とにかく痛い、怖い!拳が、ナイフが、銃が!ノドを突き、腱を切る!
初めて目の当たりにした格闘術シラットは徹底して急所を狙う、容赦なしの暗殺術だった!
息苦しいほどの緊張の連続に脳内のアクション汁が出っぱなしの1本!





ニコニコ動画エンタジャムチャンネルにて、特別番組オンエア!
超人キャスト、イコ・ウワイスとヤヤン・ルヒアンに加え、ギャレス・エヴァンス監督の来日を記念して
ニコニコ生放送内『エンタジャムチャンネル』にて特別番組のオンエアが決定!!

題して…

『ザ・レイド』公開&監督・キャスト来日記念
『ザ・レイド』を100倍楽しく観る方法

進行役は『ザ・レイド』を大絶賛中の映画ライターのジャンクハンター吉田さんと高橋ターヤンさんが務めます。

2人が推奨するフェイバリットシーンの映像をギャレス監督を交えながら解説し、見所各所をマニアックな視点で分析。
さらに!イコとヤヤンのマーシャルアーツを実際にスタジオから組手的な殺陣で披露します。

【開催概要】

●放送チャンネル:ニコニコ動画エンタジャムチャンネル
●URL:http://ch.nicovideo.jp/channel/ch6991

●開催日時:2012年9月25日 (火) 21:00~(予定)

●進行
ジャンクハンター吉田 (兼業ニートライター)
高橋ターヤン (映画&格闘系ライター)

●出演
ギャレス・エヴァンス監督/イコ・ウワイス/ヤヤン・ルヒアン
※他、飛び入りゲストの参戦があるかも!?

日本公開が待ちきれない人はPC前に集合!!





激評!松江哲明さん
最強コメント頂きました!!

<松江哲明さん/映画監督>
汗ばんだTシャツに乳首が浮いてる野武士なおっさんたちが戦う本作がなぜこんなにも面白いか。それは本気だからだ。『ザ・レイド』はもう十分にアクションの限界を提示している。これ以上はしばらくいいです。だって今回でさえ死人が出てないのが奇跡だから。





激評!テレンス・リーさん
最強コメント頂きました!!

<テレンス・リーさん/危機管理コーディネーター>
ここにはアクション映画の必須要素がすべて凝縮されている。いや、サスペンス映画とホラー映画に欠かせない恐怖の戦慄も奏でられている。
いわばサム・ペキンパーとサム・ライミ、ロー・ウェイとジョン・ウーを盛りつけた皿に深作欣二というスパイスをぶっかけたような、それはそれはおぞましい無国籍料理を喰わされた感覚に似ているかもしれない。
だが、この無国籍料理がすこぶる美味い! たしかに独特の味つけではあるが癖になる美味さなのだ。むしろ中毒になる危険性すら孕んでいる。
この『ザ・レイド』をアクション映画と呼ぶにはいかにも軽すぎる。マルチプライケイション(Multiplication=相乗効果)映画とするべきだ。まったく新しいジャンルの映画が誕生したといっても過言ではあるまい。
良心を捩じ上げる作品、心臓を握り潰す作品はこれまでもあったが、『ザ・レイド』の持つ破壊力は過去の作品に類例がないだろう。
私は完全に魅了された。中毒になってしまった。この先、私の五感を激しく揺さぶる作品に出会えるのかと不安にすらなってしまった。
これは私に、映画という表現手段の狂気をあらためて教えてくれた秀作である。





激評!小島秀夫さん、一木シノさん
最強コメント頂きました!!

<小島秀夫さん/「METAL GEAR」シリーズ監督、ゲームデザイナー>
短距離走のスピードでフルマラソンを走る!
よくぞ、こんなトンでもない映画を創ったものだ!
カンフー映画でも、ガンアクション映画でもない。
まったく新しい「アクション・ハイ」映画の誕生だ!
102分間、走りきった後も、『ザ・レイド』に病みつきになるはず!

<一木シノさん/出版業>
過激の域を超えた息もつけない銃撃戦。炸裂する「シラット」アクション。
見終えて安全の中にいる自分を感じました。





来日記念イベント開催決定!“ももち”を救え!!! 公開生アクションバトル開催!!
世界の映画祭を席巻、ハリウッドも認めた、アクション映画『ザ・レイド』より、
超人キャスト緊急来日!

プロ格闘家でもある超人キャストたちが、
超一流アクションバトルを、なんと生で実演披露!!

主人公演じるイコ・ウワイスはキアヌ・リーブス初監督のアクション映画にも大抜擢された要注目株!!!
さらに、スペシャルゲスト“ももち”ことBerryz工房 嗣永桃子さんが登場します!!!!

イベント鑑賞は無料!!
この奇跡のコラボレーション・イベントを見逃すな!!!!!

【日時】
9月26日(水)  12:30~13:00

【場所】
新宿ステーションスクエア
新宿区新宿3-900-1
http://www.eiko-kikaku.co.jp/Images/map_ss.gif

【出演予定者】
スペシャルゲスト: Berryz工房 嗣永桃子さん
キャスト: イコ・ウワイス、ヤヤン・ルヒアン
監督: ギャレス・エヴァンス

※マスコミ取材予定しております、予めご了承の上ご来場ください。
※イベント内容は変更の可能性もございますのでご了承ください。

momochi.jpg







吹き出し強制捜査 ”おもしレイド”投稿キャンペーン開始!
ツイッターで壮絶なバトルを繰り広げているラマ(@RAMA_theraid)とマッド・ドッグ(@MD_theraid)が、吹き出し強制捜査を開始しました。

こちらの画像の吹き出しに言葉を入れて、麻薬王も脱力の大ボケをかましてください。
TypeA.jpg

投稿してくださった方の中から、『ザ・レイド』の非売品マスコミ用プレスを3名様にプレゼントします。

【参加方法】
ラマ(@RAMA_theraid)とマッド・ドッグ(@MD_theraid)をフォローしてください。
ハッシュタグ「#おもしレイド」を付けて、下記の吹き出し画像に合うコメントをツイート。
締切は9/14(月)24:00!

皆様の楽しい投稿をお待ちしております!





レイドマン 角川書店 社長室を強制捜査!
レイドマンとは・・・10/​27(土)公開映画『ザ・レイド』。
謎のSWAT隊員“レ​イドマン”が都内、日本各所をとにかく強制捜査。
日本の​安全を守るためいざ出動!

緊急事態発生!!!

角川書店のボス、井上伸一郎社長がなんとマッド・ドッグとつながっているとのタレコミが。
このままでは角川全社員にすら危険が及ぶ。
俺は単身、角川ビルを…いや、社長室をレイドすることに!!
0907_01.jpg


社内のパニックを避けるため、静かに社長室に向かう…。
0907_02.jpg


ケロロ軍曹。なぜこんな事態になるまで黙って見ていたのですか!
「………。」
0907_03.jpg


クソ!ケロロ軍曹はもうダメだ!今すぐレイドする!
うぉおりゃああああーっ!!!
0907_04.jpg


「覚悟しろ!この裏切り者めが!!」
「ちょ…待ってくれ!私は…!!」
  ダーーーーン!!!
0907_05.jpg


社長…。残念だが仕方がなかったのだ…。
マッド・ドッグめ、絶対に許さんぞ…!!
0907_06.jpg


井上社長…。
俺は震える手で捜査完了シールを貼った…その時…!
0907_07.jpg


ガバッ!ダダダダダ!
「レイドマン、あんな攻撃で私は倒せない!」
「えっ…!?ちょっ…待っ…!!」
0907_08.jpg


「すべては誤解だーっ!やあーっ!」
「熱っ!何これ、熱っ…」
0907_09.jpg


「レイドマン、目を覚ませ!タアッ!」
「社長…!これはシラット…。しかもこの構えは…SWATの…!?
まさかあなたは…!!
ていうか、今のビーム何!?」
0907_11.jpg


どうやら今回は、タレコミ自体がマッド・ドッグ達の陰謀だったようだ。
井上社長は我々の心強い味方だった!
さっきのビームについて素朴な疑問をぶつけたかったが、そんな雰囲気ではない。
0907_12.jpg


角川書店の平和は守られた!

明日はあなたの街を強制捜査!
お疲レイド!!
0907_13.jpg






レイドマン 渋谷 肉横丁を強制捜査!
レイドマンとは・・・10/​27(土)公開映画『ザ・レイド』。
謎のSWAT隊員“レ​イドマン”が都内、日本各所をとにかく強制捜査。
日本の​安全を守るためいざ出動!


今日は渋谷の肉横丁に来ている。

どうやら横暴な肉奉行がはびこり、
楽しい食事の席を台無しにして
いるらしい。

肉横丁の平和はオレが守る!
0905_01.jpg

早速パトロール開始。
まずは情報収集だ。
0905_02.jpg

「ワガママ放題な肉奉行に苦しめられてる人を探してるんですけど」
「そういえばさっき…」
0905_03.jpg

情報入手!
早速レイドする!
0905_04.jpg

お前が肉奉行だな!許さんぞ~!!
ぐおおおお!
0905_05.jpg

「レイドマン、ありがとう!おかげで店が平和になったよ」
「いつでも呼んでくれ」
0905_06.jpg

さて、パトロールパトロール…と。
0905_07.jpg

うむ、君たちは仲良くやっているようだな。
0905_08.jpg

君たちも、楽しそうだな。
0905_09.jpg

「いや~、レイドマンがいてくれると、店が平和で助かるよ!」
「お安い御用さ!」
0905_10.jpg

きゃー!レイドマン!ステキー!!
0905_11.jpg

え、なんだ。君たちもオレと勝負したいのかい?
0905_12.jpg

参ったなあ~、え、これ撮ってるの?
0905_13.jpg

「え~いっ!そーれ!」
「うはあ~、君たち強いなあ~。オレすっかりデレデレイド!なんちゃって!!」
0905_14.jpg

…レイドマンだ。
0905_15.jpg

さて、気をとりなおしてパトロール。
どうやらここは肉奉行たちの巣窟らしいぞ。
0905_16.jpg

どぅりゃあああああー!!!
0905_17.jpg

でりゃぁあああああああ!!!!
0905_18.jpg

「レイドマン、ありがとう!」
「礼には及ばない。これがオレの使命さ。」
0905_19.jpg

長い闘いが終わろうとしている…
オレの体ももうボロボロだ…
0905_20.jpg

せっかくだから、
ガッツリ体力回復させてもらうぜ!
0905_21.jpg

肉横丁の平和は守られた!
レイドマンは日々戦い続けるぜ。

明日はあなたの街を強制捜査!
お疲レイド!!
0905_22.jpg