激評!Jason Grayさん

最強コメント頂きました!!

<Jason Gray さん/スクリーンインターナショナル日本特派員、ライター、翻訳家>

『ザ・レイド』は、キャラ設定・物語設定がしっかりとしていて、すこぶる無駄がない。
このシンプルだが効果的な設定が起爆剤となり強烈なアクションが展開される。『ザ・レイド』は、『ジョン・カーペンターの要塞警察』(ジョン・カーペンター監督、1976年)、『死亡遊戯』(ブルース・リー主演)、『ハード・ボイルド新・男たちの挽歌』(ジョン・ウー監督、チョウ・ユンファ、トニー・レオン出演)などの爆発的なアクション映画のクラシック作品を思い出させ、ついにインドネシアも、アジア・アクション映画界のトップに名乗りを上げた。
『ザ・レイド』は近年でも間違いなくワイルドライドな作品の一つである。